もつの雑記帳-日常ときどき探訪記-

聖地巡礼や旅行の記録から日常の様々なことを書いています。

酒これ:Reserva de MFM(ウイスキー)

f:id:exceed-yukikaze:20181210001121j:plain

 

ビックカメラで酒コーナーを物色していたときにふと気になったので買ってみました。

読み方は「レゼルヴァ・デ・MFM」で、カナディアンウイスキーです。

 

f:id:exceed-yukikaze:20181210001209j:plain

色はちょっと薄め

原材料はグレーン、モルトとよく聞く種類です。味音痴の私はどこが原産だろうと和歌ならいけど美味しいと答えてしまいがちですが。

 

値段は200mlで1382円(税込み)とちょっと割高な気もします。

味はスッキリしていてウイスキーの独特な感じがちょっとないですね・・・。と思って調べたらどうやらカナディアンウイスキーはそもそも独特な香味が少ないらしい。

カナディアンウイスキーの魅力とは? 初心者にオススメの銘柄たち | ACCETORY

 

度数が40の割には飲みやすいので、確かにカクテルにはしやすそうですね。クセが強すぎると合わないのも出てきてしましますし。それに飲みやすいのは事実で、ハイボールなんかにも合いそうです。

 

f:id:exceed-yukikaze:20181210001326j:plain

入れ口は少々小さめ

さて、値段がちょっと高めでもおすすめなのが、この容器。見ての通りスキットルとして扱うことができます。ステンレス製で市販のちゃんとしたものよりも少し重めなのですが、周りの革(?)の部分を考慮すると相応の重さに感じます。金属だと冷えると冷たいので冬にも重宝しそうです。

 

f:id:exceed-yukikaze:20181210001601j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20181210001619j:plain
左:市販状態 右:シールを剥がした状態

見た目もどうかと思っていましたが、日本語のシールを剥がしてしまえばそれっぽくかかれているだけでデザインとして見てしまえばそこまで影響がないかと思います。

 

f:id:exceed-yukikaze:20181210001815j:plain

そこそこ小型なのも持ち運びに便利

スキットルは単体で買おうとするとそれなりの値段になりますし、買おうと思わない限り買う機会がないのですが(それでもスキットルで酒を煽るのは憧れるのではないでしょうか)、これなら手軽な値段で買えちゃいます。ウイスキー込の値段だと思えばかなり割安ですし、スキットル初心者が買うには最適じゃないでしょうか。

 

 

アウトドアでもスキットル選びに悩む人もいるかとは思いますが、こういったものから試してみるのもありなのではないかと思います。お近くにあったら買ってみては?