もつの雑記帳-日常ときどき探訪記-

聖地巡礼や旅行の記録から日常の様々なことを書いています。

ポタ赤よりも軽いナノトラッカーはどこまで撮れるのか

f:id:exceed-yukikaze:20190706203541j:plain

コンパクトis正義

 赤道儀じゃないというツッコミを天文関係者はしますが、携行性はダントツなナノトラッカー。どれだけ撮れるのか写真と共に出していきます。

 

本体

f:id:exceed-yukikaze:20190706203529j:plain

本体自体はこの程度の大きさ。すっごく小さい。右下のちっさい穴が極軸合わせにつかう穴。すごく頑張ればなにもなくても合わせられます。

両目で北極星を確認し、その間に入れるというやり方ですけれども。

 

f:id:exceed-yukikaze:20190706203548j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20190706203559j:plain
電池入れと操作するボタン

大きさは握りこぶし1つ分の大きさの本体に同じぐらいの大きさの電池入れ。

赤道儀はこれよりも大型なので、本当に最低限にまとめています。

 

新星景写真

割と新しめの撮り方。早い話が星と風景を分けて撮って合成する方法です。

みたものと違うとか、合成云々とかという声もあったみたいですが、そもそも天体写真は合成してナンボの世界ですし。。。。 

f:id:exceed-yukikaze:20190613171942j:image

スイス クライネシャイデックにて

ここにくるまでに一度も練習しないで来たという体たらくっぷり。それでもまあ、マシな方ではないでしょうか(元ファイルを間違って削除したのは内緒)

うろ覚えなのでなんとも入れないけど、星は3分×4枚、風景は2分で固定撮影し、頑張って合成。


f:id:exceed-yukikaze:20190613171946j:image

スイス ティーヘンバッハ付近にて

右下の明かりは光害。こちらも撮影条件はほぼ一緒。なかなか天の川がキレイに写っているので個人的にはかなりお気に入りの写真。

 

f:id:exceed-yukikaze:20190613172115j:image

アルゼンチン エル・チャルテン付近

街灯の明かりがすごいけど、これはこれでありなのかなと。

再編集が必要なのだけはよーくわかりました。

 

星雲写真


f:id:exceed-yukikaze:20190613172106j:image
f:id:exceed-yukikaze:20190613172110j:image

アルゼンチンの某所にて(言えない・・・)

マゼラン星雲と南十字星をそれぞれ40mmのレンズを使用しての撮影。

使っている機種も初心者用ですが、5分までならなんとかもたせることができます。

かなり強めの処理をかけていますが、流れているわけではないので意外と許容できます。

 

結論:標準以上の焦点距離や5分以上の露光は無理

やってみましたが、レンズで50mm以上になると流れてしまうので無理なのかなという印象です。そもそも大きすぎると乗せるのに苦労するのでお勧めできません。

 

超広角みたいなレンズならば時間を短くすればごまかしが効きます。携行性に降っているので精度がないのは当然ですが、旅行のついでに忍ばせるのでしたらありではないでしょうか。

 

 

 

少し大きくしたいならこちら

 

Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT) ホワイト 355051

Vixen ポータブル赤道儀 星空雲台ポラリエ(WT) ホワイト 355051

 

 

 

 こんなセットで意外と思われますけど、機種がしょぼいから撮れないはないですよ。

 

Canon 単焦点レンズ EF40mm F2.8 STM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF40mm F2.8 STM フルサイズ対応