もつの雑記帳-日常ときどき探訪記-

聖地巡礼や旅行の記録から日常の様々なことを書いています。

【舞台探訪・聖地巡礼】ゆるキャン△伊豆編の聖地とジオパークをめぐる-東伊豆編-

f:id:exceed-yukikaze:20200928221711j:plain

ゆるキャン△伊豆編の東側のカット回収です。例によってカットと地学を半々ぐらいに記載しています。伊豆急沿線やバスなどの公共交通機関があり、一番行きやすい聖地ですね。

 

www.motsu-tanbou.com

 

 

伊東市 

伊東周辺の形成に関わった大室山

f:id:exceed-yukikaze:20200928221517j:plain

大室山は4000年前に噴火によって形成された、プリン状のスコリア丘です。 火山灰中から見つかった木炭の炭素年代測定から判明するまでは5000年前に出来たとされていましたが、周辺の縄文土器の出土との関連性からもこの頃に形成したそうです。

大室山の噴火は自身の形成は勿論ですが、流れ出てきた溶岩が周りを侵食し、 なだらかな坂は伊豆高原を、相模湾へと流れ込んだ溶岩流は城ヶ崎海岸を生み出しました。 

 

いなば肉店

f:id:exceed-yukikaze:20190504215839j:plain

ゆるキャン△界ではすっかりとおなじみになったいなば肉店さん(写真がこれしかなくて申し訳ないです…)

 

f:id:exceed-yukikaze:20190504214531j:plain

中にはゆるキャン△グッズはもちろん、伊東が舞台のアニメ「あまんちゅ!」のグッズもあります。中の人とか作監さんとかが買いに来た実績もあります。

店主さんご夫妻もアニメは見ているので、普通にゆるキャン△の話で盛り上がれます。

 

f:id:exceed-yukikaze:20200928202858j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200512214644j:plain

じつはゆるキャン△で写ったのはこのワンカットのみです。食べるシーンくらいは欲しかったですね(笑)

 

 

f:id:exceed-yukikaze:20200928221635j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928222523j:plain

伊東のみそ漬け、として「いとうのいいもの」というブランドに選ばれております。

家で調理して食べてますが、毎回毎回酒しか進みませんw

伊豆の地酒「池」を使って味噌漬けしており、これが中々美味しいのです。書いてるこっちがお腹空いてきた。

 

f:id:exceed-yukikaze:20200928221650j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928221710j:plain

伊豆塩バーグという製品もあります。こちらはなんと言うんでしょうかね・・・。飲み物ですか?でてくる肉汁に甘みがあって、本当に飲めるんですよ。ぶっちゃけこれだけで1記事書いてもいいぐらい(なので自重します)


柔らかく食べやすくてめちゃくちゃおいしいです。静岡麦酒と合わせると最高でした。

www.sapporobeer.jp

 

inaba-nikuten.com

 

大室山

f:id:exceed-yukikaze:20200928202802j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928205638j:plain

あまんちゅ含めて登場する大室山ですが、毎回時間がなくなってカットがほとんどなし…。遠くからはいつも見てるのでちゃんと追加します。

 

izugeopark.org

 

伊豆高原・広井酒店

f:id:exceed-yukikaze:20200928213224j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928213209j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928213252j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928213204j:plain

飯田酒店という名前で登場する伊豆高原の酒屋さんです。劇中では伊豆キャンの前に一度会っていますね。

 

f:id:exceed-yukikaze:20200928213335j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928213301j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928213320j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928213306j:plain

わざわざ犬のぬいぐるみが用意されていましたので、カット回収も簡単でした。

池も当然のように置かれていましたね。池は純米酒(灰色)と純米原酒(緑色)の2種類ありますが、原酒の方が飲みやすいというちょっと面白い酒でした。熱はまろやかに、冷はきりっとりた感じになってと温度を変えるとはっきり正確の分かれる日本酒でした。

米原酒は期間限定なので、買えるときに大量に買っておくといいですね。今現在も何本もストックが我が家にはあります。

 

f:id:exceed-yukikaze:20200928213351j:plain

ここの店主さんは割と(というかかなり)ゆるキャン△ファンに明るい方で、普通にお話しするだけでも楽しいです。ついつい追加で酒買ってしまうから思ってる以上の出費ばかりですがw

f:id:exceed-yukikaze:20200928221622j:plain

いなば肉店さんのみそ漬け、万宝商店さんの干物、広井酒店さんの池の組み合わせでキャンプするのが伊豆キャンの定番らしいです。

死ぬほど酒飲んでいい気分で爆睡できました。

hiroi.shop-pro.jp

 

城ヶ崎海岸

f:id:exceed-yukikaze:20200928221417j:plain

東伊豆のジオスポットでは初めての場所となります。伊豆高原から車で近いのがいいですね。この辺の海はダイビングスポットでよくフォロワーさんが潜っているのでダイバーにはお馴染みの場所となっています。

 

f:id:exceed-yukikaze:20200928221436j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928221357j:plain

ここでみたいのは柱状節理。恋する小惑星でも少し触れられていましたが、簡単に言うと六角形の断面をした岩石。鉛筆を縦に並べたような形をしています。

www.motsu-tanbou.com

 

f:id:exceed-yukikaze:20200928221501j:plain

灯台からは周りを一望でき、大室山も見ることができます。

 

東伊豆町 

天城山の噴火によってできた稲取・細野高原

f:id:exceed-yukikaze:20200928221537j:plain

天城火山は第4紀(258Ma-)の火山で天城火山群という伊豆半島では最も広い火山分布となっています。 細野高原は約80-20万年前の天城山の噴火により誕生した高原です。

細野高原以外にも地形の形成に大きく寄与してる火山です。山体崩壊してしまったので、かつての頂上がわからない火山の一つです。

 

伊豆・天城火山群の岩石学的および化学的性質

 

細野高原ツリーハウスキャンプ村

f:id:exceed-yukikaze:20200928212801j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928212736j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928212829j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928212741j:plain

細野高原に続く道の途中にあるキャンプ場ですね。泊まってみたいとみんなで言っていたキャンプ場です。

 

www.hosonokogen.com

 

細野高原

f:id:exceed-yukikaze:20200928212926j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928212843j:plain

こちらもジオスポットですが、カットの回収がメインとなります。

まず一時的に止まった場所に駐車。すすきがいい感じに夕日に染まって綺麗ですね。

 

f:id:exceed-yukikaze:20200928212908j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928212849j:plain

グビ姉一行が車で上まで登りますが、確かに道が狭くて、本当に通っていいのか不安になりましたね。

車高低いと間違いなく擦るので、出来れば普通の車で行きましょう。あんな車で行く場所じゃありません。

 

f:id:exceed-yukikaze:20200928212948j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928212854j:plain

無事にたどり着いたので、プチ登山開始です。道は整備されていますし、歩ける靴であれば困ることは特にないです。

この時は久しぶりの山に興奮して何度も行き来し一人で疲れ果てていましたw

 

f:id:exceed-yukikaze:20200928213028j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928213000j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928213053j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928213006j:plain

階段のカットは登る途中のをひたすらに撮っていけば問題ないです。魚眼っぽいカットがあるので持ってる人は使った方が良いのかも。

 

f:id:exceed-yukikaze:20200928214415j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928214316j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928213154j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928213115j:plain

山頂でちょっと休憩しています。晴れた日は劇中の通り周りを一望できますので、時間に余裕を持って来た方が良いです。私はこれで失敗しました(ただ、夕焼けも綺麗でしたよ)

 

f:id:exceed-yukikaze:20200928213133j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928213122j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928214341j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928214321j:plain

風車とのカット。完全一致は難しいので雰囲気です。景色にうまくマッチしてるところは風車と一緒に撮りたくなりますね。

izugeopark.org

 

まとめ

f:id:exceed-yukikaze:20200309212441j:plain

比較的アクセスもよく、ジオパークめぐりというよりかは人との出会いみたいなのが多かったですね。ゆるキャンやあまんちゅといった伊東市が舞台となった人同士の交流が大きいと思います。

西・南伊豆よりもジオスポットは観光地化しているので行きやすいです。バスなどのフリーパスもあるのでぜひ。

izugeopark.org

伊豆ジオパークではゆるキャンに登場した部分をまとめていますので、ぜひ見てみてください。

 

ちなみに前の記事から遅れた言い訳ですが、天城山の資料が思ってる以上に見つからなかったのと、カット少なくてどうしようかなと放置してたからです()

 

 

参考書籍

伊豆の大地の物語

伊豆の大地の物語

 

論文をCiNiiとかで探しても出てこなかったのでめっちゃ役に立ちました

 

www.motsu-tanbou.com

www.motsu-tanbou.com

 

本記事は、比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全て©あfろ芳文社/野外活動サークルに帰属します。