もつの雑記帳-日常ときどき探訪記-

聖地巡礼や旅行の記録から日常の様々なことを書いています。

【舞台探訪・聖地巡礼】ゆるキャン△伊豆編の聖地とジオパークをめぐる-南伊豆編-

f:id:exceed-yukikaze:20200513211242j:plain

ゆるキャン△伊豆編の南側のカット回収です。伊豆急下田から近い場所も多く、西側と比較してかなり行きやすい場所が多いですね。

電車やバスの本数はあまり多いとは言えないので、計画的に行動しないといけないので注意です。

※リンク先は基本的にリポジトリサイトですが一部のみPDFへの直リンクです。

 

河津町

河津桜祭り

f:id:exceed-yukikaze:20200213211118j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200512214647j:plain

河津桜の名前の由来になった河津町で行われる祭りです。

川沿いに大量の桜の花を見ることができるので休日はかなりの人が来ます。

 

f:id:exceed-yukikaze:20200513211210j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200513211159j:plain

満開ではないとはいえ、どこを撮ってもきれいです。

この日は休日の朝早くに来たのですが、それでも駐車場は結構埋まっていました。ループ橋とかほんとうに混雑してたんだろうなあって思います。

www.kawazu-onsen.com

 

伊豆オレンヂセンター

f:id:exceed-yukikaze:20200616235812j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928204651j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200616235824j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928204654j:plain


細野高原へと向かう途中に寄った場所になります。ここで飲めるジュースは甘酸っぱいのですが、めちゃくちゃ甘くて美味しかったです。お土産にほしいぐらいでした。

 

f:id:exceed-yukikaze:20200928213953j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200928213747j:plain

グビ姉はここでみかんワインを購入していましたね。

 

www.ultra3nen.jp

南伊豆町

龍宮窟

f:id:exceed-yukikaze:20200429221921j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200429213322j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200429221939j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200429213313j:plain

駐車場は有料です(確か500円ほど)

ここは下田から比較的近くで見られる海食洞です。海食洞は西伊豆の天窓洞と一緒ですね。

 

f:id:exceed-yukikaze:20200429221953j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200429213319j:plain

ここで椅子だしてのんびりしたいというリンちゃんに同意です。夜まではいいかな・・・。

 

f:id:exceed-yukikaze:20200513211231j:plain

椅子置きたいといったのは少し引き下がった場所から

それなりに観光客もいますので人のいないタイミングで撮るなら少し待つほうがよさそうです。

 

f:id:exceed-yukikaze:20200429213316j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200429221904j:plain

田牛のジオサイトについてはもう一つあるのですが、それは恋する小惑星の探訪記事でうんざりするほど書いています。

這い上がり砂丘の形成条件に関する一考察:静岡県下田市田牛サンドスキー場の事例

 

www.motsu-tanbou.com

izugeopark.org

 

下田市

犬走島

f:id:exceed-yukikaze:20190504225004j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20190504214423j:plain
完全なカット回収は無理でした

立入禁止の堤防なのに、釣り人でいっぱいでした・・・。

堤防の形を優先して撮ろうとすると看板が映らないので、今回は場所よりも中身の一致を優先しました。

 

f:id:exceed-yukikaze:20190504225008j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20190504214448j:plain
こちらも断念

志摩リンのいる位置におじさんが陣取っていたのでこちらも妥協。同じ構図は遠くから俯瞰で撮らないときびしい印象でした。

 

まどか浜海遊公園

f:id:exceed-yukikaze:20190504222924j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20190504223152j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20190504214336j:plain
駐車場のロータリーから

作中での集合場所になります。一足早めについたリンが散歩がてら散策しています。GW期間中ということもあり、多くの人で賑わっていたので朝早めに来て正解でした。 

ロータリーのシーンは魚眼レンズか、スマホのパノラマでないと無理そうです。少なくとも超広角ではだめでした。

 

f:id:exceed-yukikaze:20190504224939j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20190504214348j:plain
実際に近いカットは撮れませんでした

駐車場も角を狙いましたが、そこまで近くもないような気もしますので、完全な回収は不可能なのかもしれません。

 

f:id:exceed-yukikaze:20190504224945j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20190504214400j:plain
珍しく望遠で撮影

犬走島に向かう際のカットは珍しく望遠を使いました。ロータリーなので、一気に回収するのがいいのかもしれません。

 

f:id:exceed-yukikaze:20190504224943j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20190504214125j:plain
錨は確かに大きかった

土台に合わせると若干構図から外れてしまいましたが、これ以上左によると人が入るのでこのへんで妥協。道の駅側の方にあります。

 

f:id:exceed-yukikaze:20190504224958j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20190504214224j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20190504214212j:plain
黒船出向のタイミングさえ合えば厳しくない

この辺のカットはそう難しいものではありません。道の駅に近い場所の柵から撮ってあげるだけです。

 

f:id:exceed-yukikaze:20190504225001j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20190504214326j:plain
犬走島

堤防の位置をもう少し合わせたかったのですが、釣り人が多いので断念。このへんも釣りスポットらしく、家族連れも見受けられました。

 

海辺の足湯

f:id:exceed-yukikaze:20190504231041j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20190504214137j:plain
人が少ない午前中がおすすめ

無料で入れる足湯です。ロータリーから比較的近いのでこちらのカットを優先して撮るのが良さそうです。というのも足湯にみんながわんさか入るので、同一カットの回収が難しくなります。

 

f:id:exceed-yukikaze:20190504214149j:plain

状況が状況なら不審者のカット

志摩リンは「温い」といっていましたが、実際はかなり熱いです。なれたらそうでもないのですが、油断して一人で悲鳴あげました。
  

CAFE&HAMBURGER Ra-Maru

f:id:exceed-yukikaze:20190504224507j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20190504214235j:plain
観光客も集まる場所なのでお早めに

 お昼休憩に立ち寄ったのがこちらになります。実際は下田バーガーという看板です。

 

f:id:exceed-yukikaze:20190504224512j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20190504214303j:plain
具だくさんで美味しかった

なでしこたちが食べたのが下田バーガー(金目鯛バーガー)です。味の感想は漫画のとおりです。確かに金目鯛が美味しかった。1000円ほどしますが、美味しかったです(大事なので2回言いました)。

 

f:id:exceed-yukikaze:20190504224515j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20190504214249j:plain
場所は少し違うけどおそらく店内のはず

彼女らの座った場所ですが、おそらく中の席。窓際の席が描かれているので中央のテーブルですね。

 

ここは夏色キセキの1000円バーガーとしても登場しています。値段は確かに高めなのですが、大きさと質と道の駅価格と思うと妥当だと思います。

 

www.motsu-tanbou.com

tabelog.com

 

マックスバリュ伊豆下田店

f:id:exceed-yukikaze:20190504220338j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20190504214503j:plain

ほとんど構図が一緒の場所。MAXPOWERという表現でわかりましたw。

下田駅から徒歩圏内ですが、観光地のある場所とは真逆の方向です。実際に買い出しをするときはここか駅前の東急がおすすめです

自分もキャンプのときに炭をここで買いました。

 

www.motsu-tanbou.com

 

万宝商店

f:id:exceed-yukikaze:20200513203925j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200512214632j:plain

干物を買いに行ったお店です。駐車場もあるので車で行っても問題ないです。
写真に撮っていないですが、しっかりとゆるキャンの原作も置かれていましたし、理解のある方だったのでキャンプの話などをさせてもらいました。

 

f:id:exceed-yukikaze:20200513203709j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200512214637j:plain

「伊勢海老の干物を買っていくんだよね〜」という話を聞きましたが、残念ながら売っていなかったですし、そもそも5000円と高めなので最初から候補に入らず。

自分はキンメダイの干物を始めいくつか購入しました。キンメダイの干物は他のおみやげコーナーとかでも買えますが、ここのは肉厚で大変美味しかったです。

www.manpou.com

 

爪木崎

f:id:exceed-yukikaze:20200513203937j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200512214651j:plain

この近辺でキャンプをしようとしていたのですが、禁止になったという場所です。そこからしばらく観光していますね。

灯台付近はかなり風が強く、まじめに飛ばされるんじゃないかなって思っていました。(ねんどろいどはあと一歩で海に落ちるところだった)
 

f:id:exceed-yukikaze:20200513203949j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200512214640j:plain

カクカクしている変な岩石が大量にあります。

ここは地質的には玄武岩安山岩だった柱状節理が見られる場所ですね。他でも出ている白浜層群の地層とのことです。

参考文献は西伊豆の記事で載せまくっているのでここでは1つだけ。

下田市爪木崎、俵磯の柱状節理 爪木崎周辺の白浜層群についての野外観察

 

f:id:exceed-yukikaze:20200513205031j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200513205043j:plain

ひたすら「柱状節理だああああ」とわめきながら歩いていました。

城ヶ崎海岸でも同じことをしていたので、完全に不審者丸出しですね。。。。

www.motsu-tanbou.com

 

f:id:exceed-yukikaze:20200513205009j:plain
f:id:exceed-yukikaze:20200513205022j:plain

ここは水仙の群生地としても有名です。残念ながら咲いていませんでしたが、周りにもきれいな景色が。

 

f:id:exceed-yukikaze:20200513205056j:plain

俵磯側は地層が、反対側は花を楽しめました。写真映するのは確実に花なのですが、見返すとなぜか地層の写真ばかりでした。

izugeopark.org

 

マップはこちら

 

まとめ

f:id:exceed-yukikaze:20200513211220j:plain

南伊豆は道路上のカットも多く、実際に全てを撮るには結構な時間がかかりますし、そうなると公共交通機関ではかなり厳しいと思います。

 ただし、西伊豆・東伊豆と比べて伊豆急下田駅からのアクセスは悪くなく(便数は多くないですけども)、比較的訪れやすい場所が多いと思います。

 

地学好きは爪木崎の柱状節理はきれいに出ているのでぜひ見に行ってほしいです。

 

www.motsu-tanbou.com

 

  

本記事は、比較研究を目的として画像を引用しています。当該画像の著作権は全て©あfろ芳文社/野外活動サークルに帰属します。